2015年10月11日

田舎の想い出、忘れない!

今日、弟から連絡があった。
実家の家の借り手が決まったと・・・・。前から聞いてた話だったので
いよいよ来たかという気持ちでした。
がっ、胸が重苦しく、切なさが沸々と沸いてきました。
「残したところでどうするのっ!誰が管理するの・・家は朽ちて行くんだよ」
そんな声が聞こえてくる・・・そう、管理することなんて出来ないから苦しい;
ずっと田舎に依存してきたし、子供たちも旅行は田舎だったから
想いが深い・・・。

借り手側が、早めに引っ越しをして来たいとの事。
今年はまだ大丈夫と思ってただけに、戸惑う・・。

もう一度行きたい。最後の家をゆっくり想い出に浸りたかったが
借り手側も冬に入る前にという気持ちも分かる。田舎は寒いしね〜。
こうして、本決まりになると、やたら寂しさが募ってくる。
もう、帰れなくなるというおもい。
生まれ育った故郷、母と兄の想い出、毎年通い続けた故郷。
なくなってしまう。
あって当たり前だったのが、消えてく・・・。
帰るところが無くなるのが切ない。

田舎の想い出を振り返ってみた。
デジカメを持ってブログを始めたころからの写真。
母も兄も、まだ元気でいたころ、みんなが集まると賑やかな
声が響いてた。

DSC022230001.jpg DSC022240001.jpg 
P71610230001.jpg P71610240001.jpg

母が丹精込めて、野菜を作ってた畑。右は母が植えた桜。

 P71610290001.jpg resize0757.jpg
P10114720001.jpg P101148000010001.jpg 

resize1732.jpg resize1733.jpg

初夏に稲が青々と育つてる様子。右は初秋のころ稲穂が垂れ始めてる。  

resize1299.jpg resize1584.jpg
兄が現役で仕事をしてた頃、遠いけど買いに行って御馳走してくれた刺身
皿盛のすごさに驚く!

resize1602.jpg resize0038.jpg

彼岸に帰るのは珍しいが、彼岸花が沢山咲いてたのと
彼岸花ロードが作られてた事、

resize1596.jpgresize1603.jpgresize2324.jpg
 resize1644.jpg resize1915.jpg

神社に叔母様たちが訪れたころ。懐かしいね。

 resize2332.jpg resize2621.jpg

resize2573.jpg  resize3007.jpg

resize3012.jpg resize3022.jpg

臆病なちぃーちゃんでした。

resize3016.jpg resize3528.jpg

昔と違って、結構頻繁に通うことが出来るようになってた。

 resize5378.jpg resize5384.jpg

東北の地震から一か月後に起きた地震で、蔵も凄いことになってた。


resize5332.jpg resize5328.jpg

家のあちこちにも壁が落ちたりと、地震の爪痕を残してた。 

resize5343.jpg resize5337.jpg

蔵と馬小屋は(物置)は壊していただけた。

 resize5329.jpg resize5349.jpg


resize5335.jpg resize7590.jpg

帰りに寄った海岸。やはり地震の後の浮遊物が積み上げられてた。
田舎へ帰る道のりの変わり果てた景色に怖さと驚きで
ショックを受けた事を思い出す。
resize5364.jpg resize5365.jpg

 resize7602.jpg resize7555.jpg

ちーちゃんは、兄といつも一緒、話し相手だったが兄が入院する前に
亡くなった。

resize7588.jpg resize7589.jpg

このころになると、孫の誕生やらで私も仕事と孫の面倒を見たりと
、なかなか帰ることが出来なくなってた。 
そんな孫たちも成長して、田舎へ帰るのも容易ではなくなった。
兄は病気もすすんで、体を動かすのも大儀だったのに、
横たわりながらも家の草むしりをして、私たちを迎えてくれた。
孫たちも初めての田舎に大喜び!
このスイカ割りは大好評だった。
resize9958.jpg resize9956.jpg

夜は花火をして楽しみ、孫たちは「また田舎へ来るね」と兄に約束。
孫たちの最初で最後の田舎になりそうです。
3人目の孫も連れて来たかったな〜・・・。   
resize9960.jpg resize9951.jpg

兄の病院見舞いの後の田舎の景色
中なかなか見舞いに来てやれなかったことが切なかった。
 resize9873.jpg

resize10580.jpgresize10578.jpg

母の桜が満開の頃、兄が永眠。
母の植えた、カタクリの花も一輪咲いてた。

resize10575.jpgresize9033.jpgresize10928.jpg

resize10933.jpgresize10932.jpg

resize10929.jpgresize10927.jpg

resize11253.jpg resize10586.jpg

兄の50日祭も,新盆も何んとか無事終えて,ホットする。
お彼岸は 夫婦そろって初めて電車で行った。
だから田舎を眺める余裕が無く、帰ってきた。
ねぇ〜〜〜。。。。。

すみません、私の想い出に長々とお付き合いくださって
ありがとうございました。(__)





posted by matiko at 13:07| 千葉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お誕生日おめでとう、やっと38才?・・・
茨城のお家が何方かが借りられるとか・・・
別荘に行けなくなったのですね。
借り手が決まって嬉しいはずなのに・・・
私も借りたい程の良い家ですね。
複雑なお気持ち、お察しします。
Posted by アルプラント at 2015年10月12日 11:33
まこちゃん、こんばんはぁ〜

今日はボランティアの同期の仲間との打ち合わせで夕方から出掛け、なんだか調子が狂っちゃって、パソコンでブログ巡り中です。

切なくて、寂しくて。。。
思い出いっぱいの故郷って、幾つになっても、親や兄弟がいなくなっても、心の拠り所だもんね。

頭ではわかっているけど。。。寂しいよね〜

でも、きっと、大切に住んでくださるはず。

大切な思い出をいつまでも心に刻んでおきましょうね。

私も、母がいなくなったら、もう帰る場所はないなぁ〜って思っています。
たまらなく悲しくなるけど、仕方がないんでしょうね。
今、母はまだ元気だけど、現実は。。。そんなに会えない。。。これもまた寂しい。。。

あれ?愚痴っぽくなっちゃった!ごめん!!
Posted by くらり at 2015年10月12日 22:23
アルプラントさん、こんばんは〜
ご心配おかけいたしました〜(__)

田舎の事では覚悟はしてたものの、やはりいざと言うと辛いものですね〜。
でも、借り手が居れば家が荒れたままと言う事もなくなりますし、村の方達の心配もなくなりますからこれで良いのだと思いますね。
家を守るって大変ですよねっ!。

そうそう、私も38歳になりましたから、自分の事も心配しなくちゃ〜!笑)(*´▽`*)
Posted by まこ at 2015年10月13日 22:05
くらちゃん、こんばんは〜

ボランティア、頑張ってますね。
大変でしょうけど、お話上手なくらちゃん、きっと自分でも楽しみながら、参加してるのかな?(´∀`*)ウフフ

田舎の事はすごく寂しいけど、どうする事も出来ないし、仕方ないよね。
心の中では、ずっとずっと田舎の想い出は刻み込まれてるから大丈夫!
くらちゃんは、まだお母さんがいるから羨ましいです。母が居るだけで気持ちが安らぐものね。
でも年々、通いきれなくなるのが寂しいよね。

お互い孫が出来ると、そちらの方も会いたいのが強くなるし…。
まこと君、可愛くなる一方だよね〜〜カワ(・∀・)イイ!!
Posted by まこ at 2015年10月13日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427636539

この記事へのトラックバック