2016年06月30日

白馬五竜高原植物園から宿まで

6月26,7日と長野旅へ行って来ました。
参加者は5人、いずれも長い花友のお付き合いで、気軽に話せる素敵な方たちばかりです。
特に私は、天然ボケでいつも笑いの対象になってます。^_^;
行く先々でも、笑いの絶えないメンバーで、楽しかった〜。
 皆さん、植物には詳しい方ばかりですから、いろいろな花を見てもすぐ返答が返って来ます。
私の頭の中は、聞いてもメモらない限りは右左と消ええてくのでねぇ〜〜困ったものです。笑)

でっ、初日は白馬五竜高山植物園に行ったのだけど、その画像がありません。
メモリーカードを落としてしまいました。
一番の欲しい画像だったので、ショック大きい・・・・
仕方ないから、パンフレットでも良いかしらん(^_^;)

resize2609.jpg

ほ〜〜んとに沢山の高山植物に出会いましたよ〜。
中々、このような体験は出来ません。
素敵な仲間に出会えたって事ですね〜。

あっ、ちなみに五竜高原の記事については、この旅を企画していただいたHさんが
美しい写真を載せてますので、良かったら覗いて観てくださいね。


山の花は友達 http://blog.goo.jp.alplant


夢のお花畑へはゴンドラに乗って(約8分だそうです。)アルプス平駅到着・・・青けしの花も素敵でしたし、ノモカリスと言うユリ科の花も独特な色合いでした。
低地ではこれから咲く花々もたくさんあります。
さらにリフトに乗って高原散策です。植栽されてる高山植物が沢山咲いてました。
私は自然の中から植物を見つけるのが好きで、見つけるつど興奮してました。
話は尽きないくらい素晴らしい白馬の植物高原でした。
北アルプスの山々もちょっと雲に隠れてたけど雄大で最高でしたね。
そんな興奮も覚め止まぬまま五竜を後にしました。


宿は木塵と言う出来立てのペンションです。
玄関を入るなり、気の香りが漂って来ました。流石、真新しい木は良い香りがしますねぇ〜・


resize2456.jpg

部屋からから眺める景色も素晴らしい。

resize2465.jpg

料理は家族で担当してるようで、若夫婦と両親との味が良い具合で出て来ます。
夜の料理は画像がありませんが、朝だけでも美味しかったなぁ〜〜。
全部手作りです。・・・出汁巻き卵が美味しかったよ。

resize2458.jpg

そうそうこの小瓶と〜っても素敵でした。
繊細な作りの小瓶です。ミルク入れにも、蜜入れにもなんでも合うお洒落な小瓶でした。
作家さんの物だとか…欲しいと思ったけど高そうで手が出せません。^_^;

resize2457.jpg

こちらも有名な作家さんのお人形だそうです。Sさんの知り合いとの事でした。

resize2460.jpg

どれも可愛いお人形さんですね。

resize2459.jpg

一日目は終了です。次は黒姫源流から親海湿原から小布施までの記憶です。
長々とありがとうございました。<(_ _)>

posted by matiko at 10:22| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まこちゃんもお出かけだったんだね。
いつも羨ましく思ってますよぉ〜
ステキなお仲間に恵まれてていいなぁ〜

まだ旅の続きがあるんでしょ?
楽しみにしています。

私もあのミルクピッチャー、欲しいなぁ〜
でも、ホント、お高そうね。。。(笑)

あのお人形、米山京子さんて言う方ののと違う???
かわいいわねぇ〜
Posted by くらり at 2016年06月30日 14:07
そうなのお出かけでした〜。
もう4月ごろから決めてたんだよ…長いなぁ〜って思ってたけど
あっという間に来たよね。
五竜は凄く良かったよ、北アルプスの山々を眺めながら植物散策でした。もともtスキーでは有名らしいのですが、夏の植物も観てもらおうと10年前から計画を立ていろんな植物を植栽したようです。山野草だけだと、目立たないし、見頃が決まってるから、いろんなお花を植えたとの事です。
ここまで皆さんが努力して素晴らしい景観を作り出して来たのだと感慨深いものがありました。人の力って凄いなぁ〜〜ってね!
あっ、このミルクピッチャーって言うの?とっても可愛くてほんとに欲しいなぁ〜って思いました。
人形はSさんがなんていったのかな〜〜^^;
お友達だそうよ。
顔に特徴があるんだって!
素敵なお人形でした…こんな可愛いのだったら欲しいよね。
でもやはりお高いから、諦めるわっ!笑)
まだ続きがあるので見てねっ!
Posted by まこ at 2016年06月30日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック