2016年10月15日

山ぶどうジュースが出来ました。🍇

山ぶどうをお取り寄せしました。
岩手県野田村で作られた山ぶどうです。
山ぶどうは田舎に住んでた頃の懐かしい想い出の食べ物で
他にもアケビや山栗など、子供の頃の山の恵みでした。
以前、この辺りでも山ぶどうに似た」エビズルと言うのも観る事が出来ました。
藪に入れば、まだあるのかも知れませんね。
ネットで紹介されてる山ぶどうを見ると、なぜかワクワクして来ます。
何も立派なぶどうが売られてるのに、
そんな小さなぶどうなんて〜と思われそうですが・・・・^^;
5キロ注文しました。
届いてビックリ❣ 箱を開けてギョギョ(゚Д゚)ノでした〜〜…10キロにしなくて良かった〜〜^_^;

resize3116.jpg

resize3111.jpg
頑張ってぶどうの房から粒を取るのに
終わりがないんです。取っても々底が見えないんですよね。
何時間も掛けてやっと半分❣その部度を綺麗に洗って
やっとジュース作りに入ります。大きなステンレスボールに山ぶどうのほぐした粒を入れて
火にかけ、弱火でゆっくりかき混ぜながら、汁が出るまで煮ます。その時、焦がさないようにします。
火が通りましたら、二重にしたざるに空けます。
マッシャーなどで、良くつぶし第一の濃いジュースを取ります。
まだもったいないので、水を少し入れさらにつぶして2番目のジュースを取ります。
私は量も多かったので、最後まで水を入れながら4番目のジュースもとりました。(*´σー`)エヘヘ
3、4番には砂糖を入れて甘みを足した方が良いのでしょうけど、
私はそのまま飲みました(薄い!!(⌒▽⌒)アハハ!)
でも、1,2番のは濃くて甘酸っぱいジュースになりました。美味しい〰🎶
ジャムでも良いのですが、やっぱり体の事を考えてそのまま手をくわいません。
長く飲むのに、瓶を毎日フリフリしてます。笑)

左から濃い順番です。最後はアッと言う間に飲んじゃいました。(#^.^#)

resize3114.jpg


残りの山ぶどうは、もう一つの作り方があって、それは綺麗に洗った山ぶどうを簡単に足で踏み踏みしたものを
4,5日寝かした物を、ざるに空けてジュースを取る方法で作りました。
今、ざるから汁を出してます.どのくらい取れるかな〜。
ポリフェノールたっぷりの山ぶどうジュース、毎日楽しんで飲んでま〜す.

resize3187.jpg

濃いです。山ぶどうジュース100%・・・・幸せっ!💕
posted by matiko at 18:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック